排卵検査薬

排卵検査薬を販売している薬局やドラッグストアはありますか?通販のみ?

薬事法改正と排卵検査薬の関係

排卵検査薬の購入には結構な手間がかかります。排卵検査薬を探して奔走したことがある方ならご存知かと思われますが、2009年6月の改正薬事法の施行により、排卵検査薬(排卵日検査薬)の販売法に大きな変化が現れました。

それまでは妊娠検査薬と同じように、薬局やドラッグストアーの陳列棚に並んでいるものを手に取ってレジにて購入すれば良かったのですが、現在では薬剤師のいる調剤薬局や調剤可能なドラッグストアでしか購入出来なくなってしまったのです。

「それがどうしたの?」と思われる方もいるでしょう。排卵検査薬を使う予定のない方なら当然のことです。しかし、排卵検査薬を常用している方にとって、この杜撰な法の施行は大変な迷惑でした。

もちろん、この改正薬事法の施行の事実を知らなかったのは、排卵検査薬を常用している方もそうでない方も同じこと。一般消費者にとっては、ある日突然店頭から消えたように見えましたし、到底納得の出来ることではありませんでした。

プライバシーに関わる改正薬事法の施行

改正薬事法の施行により、必然的に排卵検査薬の取り扱い店が減っただけでなく、その購入方法についても大きな変更がありました。

それは、「薬剤師さんに直接購入希望を告げ、排卵検査薬を出してもらい、名前や住所を記入しなければ買えない」という、やけに手間のかかる方法です。

手間だけならまだ良いのですが、デリケートな問題であるだけに、「わざわざ人に声をかけて名前を記入しなければ買えない」というのは精神的な抵抗が大きいもの。排卵検査薬を扱っている店舗を探すこと自体が手間である上に、精神的に抵抗のある名前の記入に、多くの女性から戸惑いと憤りの声が上がりました。

妊娠を望む女性やご夫婦の間において排卵日検査薬は確かな需要のあるものですから、この改正薬事法の施行に伴う排卵検査薬の取り扱い方については、消費者側にも薬局側にも良いことのない政策だったのです。

海外製の排卵検査薬がおすすめ

上記のような煩わしさから、多くの方が排卵検査薬の通販に目を向けました。しかし、日本製の排卵検査薬は薬事法により通販不可。結果的に、海外製排卵検査薬に人気の火がついたのです。

子供を望む女性の気持ちはどこも切実で、様々な国で優秀な排卵検査薬が発売されています。

わざわざ排卵検査薬が売っている薬局やドラッグストアを探し、厄介な手続きをしなくても、通販なら家にいながらにして誰の目を気にすることなく気軽に購入できる。

対面販売しか許されていない所へ何度も買いにでかけたり、一度にいくつも買ったりすることに抵抗のある排卵検査薬ですから、通販での購入が人気になり主流になるのは当然の結果です。

評判や口コミをなどもご確認の上、海外製の排卵検査薬の購入をご検討してみてはいかがでしょうか?

ワンステップ排卵検査薬クリア 詳しくは 》
クリアブルー・イージー 詳しくは 》
クリアブルー排卵検査器タッチパネル式 詳しくは 》

HOMEへ戻る