使えない排卵検査薬

排卵検査薬を販売している薬局やドラッグストアはありますか?通販のみ?

排卵検査薬が陽性にならない場合

妊娠したいと思っている女性の多くが排卵検査薬を使用して、妊娠する可能性の1番高い排卵日を特定し、計画的に性交渉を持っています。しかし、中には排卵検査薬が陽性にならないで困っていたり悩んでいたりする女性もいるかと思います。

排卵検査薬が陽性にならないのにはいくつか考えられる要因があります。まず基本的に使い方や使う時期が間違っている可能性。使い方に関してはパッケージに取扱い説明や使用方法が書かれていますので、それをきちんと読んで理解した上で使用するようにしてみて下さい。

使う時期に関しては基礎体温をつけながらおおよその予測を立てた上で、排卵時期がそろそろかな?という頃から排卵検査薬を使用するようにしてみて下さい。

正しい使い方、正しいタイミングで排卵検査薬を使っているのに陽性にならないという場合は、黄体形成ホルモンの分泌量が少ない、卵胞の生育が遅い、排卵自体が遅いなどの黄体機能不全が可能性として挙げられます。

排卵が正常に起こっているかどうかは基礎体温をつけることである程度分かりますから、やはりまずは基礎体温をつけてみることをお勧めします。低温期と高温期とに基礎体温が分かれない場合には無排卵の可能性もありますから、基礎体温をつけていて不安になる点があるようでしたら、一度婦人科で相談してみるのがいいかと思われます。

妊娠したいと思っているのになかなかできないというのは、それだけでストレスになってしまいますし、排卵検査薬が陽性にならないというのもストレスになり、それが逆効果を起こしてしまう場合もありますから、あまり悩み過ぎないようにだけ注意が必要だと言えます。

HOMEへ戻る