陽性反応と排卵

排卵検査薬を販売している薬局やドラッグストアはありますか?通販のみ?

陽性反応が出たらもうすぐ排卵のサイン

排卵検査薬を使っている女性で、どのタイミングで排卵が起こるのかがよく分からないという方も多いようです。ネット上の質問サイトなどを見ていると、その点について質問を投げかけている方は非常に多いです。

排卵検査薬は黄体形成ホルモンの分泌量をチェックして、それによって排卵がいつかを特定するものですから、排卵がいつ起こるのかをそもそも分かってないと使ってもあまり意味のないものになってしまうと言えます。

排卵検査薬はそろそろ排卵時期が来るという頃から使い始めるのがポイントで、陽性反応の色の濃さを日々チェックするのが大切です。黄体形成ホルモンは排卵日めがけて一気に分泌量が増えますから、陽性反応が出始めたら色の濃さを見比べて判断するのが重要なんです。

一般的に陽性反応が出たら、12時間から48時間以内に排卵が起こると言われてます。その中でも排卵検査薬の判定が濃い陽性反応を示したら、そこからは12時間置きに検査するとはっきりと排卵するタイミングを見極めることができます。

排卵検査薬の陽性反応は一度濃くなったらまた薄くなっていきますが、その1番濃くなるところから薄くなるまで間に排卵が起きると言われてます。ですから、陽性反応が濃くなるところを見逃してしまうと排卵のタイミングを特定するのが難しくなってしまいます。

排卵検査薬で薄い陽性反応が出始めたら、それはもうすぐ排卵が起こりますというサインですから、ケイタイなどで写真を撮って毎日の排卵検査薬の判定結果を比較すると分かりやすいかもしれません。

HOMEへ戻る